銀行ローンはついに返済期間を定めない時代に

サラリーマンのためのカードローン審査ガイド
http://www.creativeawards.biz/

銀行系カードローンの返済方式に残高スライド方式が採用されている事をご存知ですか?うたい文句として、『月々余裕をもって返済してほしいので、返済期間をなくし残高スライド方式を採用しました。』とかかれていますが、実はこれは業者にとってものすごくうま味がある手法なのです。

1.残高スライド方式って何?
残高スライド方式とは、残高が段階的に減るごとに、返済額も段階的に減る方式です。最低返済額を入れていればいいので、月々の支払いは楽になります。

2.問題あるの?
段階的に返済額が減るという事は、返済期間が長期化するという事になります。ある銀行系カードローンでシミュレーションした結果、完済まで36年間かかると出力されています。

3.返済期間がなければ、また借りてしまう
人間は心の弱い生き物です。毎月の支払額が減れば順調に返済が進んでいるから、また使ってもいいよねと再度借りてしまうでしょう。その先には永遠の借り入れをしなくてはいけません。

4.ハムスターの回り車
銀行カードローンの残高スライド方式で返済が厳しくなる状態を想像してみてください。最低返済額が厳しいので、元本の返済なんておぼつか無いでしょう。さながら、ハムスターが回り車で走り続け、金利位しか返せない状態です。

5.自己破産も難しくなる
自己破産の免責が認められる為には、返済率(返済額/(年収÷12))が40%を超えた位から裁判所が認めるようになります。最低返済額で返済額が下がってしまう(一例で、年収300万円の人が600万円借りても、ある銀行カードローンの残高スライド方式では返済率25%)と、逆に自己破産が認められなくなりやすいのです。

いかがでしたか。残高スライド方式は繰り上げ返済が基本ですから、借り過ぎないようにしてください。

台風が上陸した夏休みの一日の出来事

昨日は、関東地方も台風に見舞われ、一日中、雨が降り続いておりました。いよいよ上陸してきた時間帯には(そう長くは続かなかったものの)、地面にたたきつけるような猛烈な雨音がし、林の樹木は風のなすがままに、振り回されておりました。

そんな状況のなか、夏休みで家におり、外出することもままならず、いささか退屈していた当方は、ふと、この雨を利用して、植木に水をやるための水道代を節約してやろうと思いつきました。さっそく、家にあるだけのバケツを集め、自分が雨に濡れるのもかまわず、水集めに奔走しました。いや、驚いたことに、結構、短時間で複数のバケツが一杯になりましたよ。それをさらに漏斗とポンプを利用してペットボトルに詰め替えるなど、まるで、子供のお遊びのよう。そうなんです。実は、子供の頃から水遊びが大好きだったんです。。

まもなく、台風は去り、空に青空が広がるようになりました。手元にはタダで手に入れたペットボトル入りの水が、まるで戦利品のようにいくつも並んでいます。これって、充実した夏休みって、言えるのかなぁ。

夏になってそうめんを初めて食べた日。

夜ご飯そうめんを食べました。夏になってそうめんを初めて食べました。嬉しかったです。今までこの時期までそうめんを食べていなかった事はなかったと思います。そうめんとつゆとおかずはきゅうりとしそとねぎとトマトとちくわを食べました。家で育ったきゅうりとしそを食べました。

家で育てた物が食べれて良かったです。家で育った物が食べれるってありがたいと思います。凄くあっさりしていました。とてものどごしがよくて食べやすかったです。美味しかったです。やっぱり夏はそうめんだと思いました。そうめんがくっついていたのでとる時大変でした。母が水を入れてくれました。色々な野菜が食べれて良かったです。色んな食感を楽しめました。ゆっくり食べれて良かったです。またそうめん食べたいです。